西大芦川でのフライフィッシングと愛犬ウェルシュコーギーの話がメインです(^^;;


by コギまる

レッド&ホワイトのアル

今回は、わが家の2頭目のコーギー、アルの紹介です。

アルは2006年1月4日生まれ。川越市のノリコットファームさんの出身で、
登録名は、ビップ オブ コエド ベルフライ JP です。
お父さんはシュタイン、お母さんはペパーミントで、お父さんそっくりの毛色をしています。

b0304294_5484725.jpg

*わが家に来たばかりのころのアル。耳がやたら大きかった印象があります(^_^)

アルがわが家の一員になったのは、2006年4月。この子もマーク同様、偶然の出会いで、ブリーダーさんのお宅で出会ったその日に、わが家にやって来ました。

何故か、わが家のワンコとの出会いは、“不思議な縁”とか“偶然”ということが多いですが、十数年の命を預かる以上、衝動飼いと言うことではありませんし、2頭とも家族の一員として大事に一緒に暮らしています。

アルはすでに7歳で、立派なシニア犬なのですが、そばに13歳のマークがいるので、いつまで経っても若犬つもりで接してしまいます(^^;;

でも、顔をよく見ると口角あたりに白い毛がチラホラと(^^;;

b0304294_6164734.jpg


性格は、非常に慎重かつ繊細で、初めての物や他人からもらった物は食べないし、家族の会話の微妙な口調を聞き取って、チョットでも強い口調で話しをすると、スーッとその場からいなくなり、玄関や階段下で寂しそうにしています。

そんなとき、明るい声で名前を呼んでやると、喜んで飛んできます。アルの前ではケンカはできませんm(_ _)m

アルは先輩犬マークが大好きで、いつも耳を執拗に舐めたあと、くっついて寝ています。

b0304294_639502.jpg


マークと一緒にいられる時間が一番幸せなようです??

b0304294_6594946.jpg

b0304294_6531942.jpg

[PR]
by oipam21 | 2013-09-27 07:03 | ウェルシュコーギーペンブローク